9月9日は重陽(菊)の節句、お振袖にも使われる菊の柄です。

9月に入ってもまだまだ暑い日が続きますね。
加工室の小池です。

お振袖には、菊の花がたくさん
使われていますね。

9月9日は、重陽(菊)の日です。
あまり聞き慣れませんが
ご存知ですか?

平安時代に中国から伝わり、
菊の花を飾ったり、菊の花びらを
浮かべた菊酒を飲んで、
不老長寿や繁栄を願う行事です。

平安時代では、1番盛んに行われていたそうです。

天皇家の家紋も菊の紋ですね。

若い頃に習っていた華道の先生が
「菊の花だけ、キレイなまま枯れて
いくのよ。
葉っぱは、ボロボロになっても…」
と、話してくれたことが
あります。
なんかイイですよね。

お振袖には、縁起のいい柄が
色々、使われています。
お気に入りの1枚の柄に
どんな意味があるのか考えると
見方が変わりますね。




同じ菊でもアレンジの仕方で
雰囲気がガラッと変わります

川平屋では、振袖、振袖小物を
常時1500点以上展示してます。
必ず、お気に入りの1枚が見つかりますよ。
是非、お越し下さい。

株式会社 川平屋
郵便番号:471-0023
住所:愛知県豊田市挙母町1-43
TEL:(0565)32-0201
E-mail:wagallery@kawahiraya.com
HP:https://kawahiraya.co.jp/
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日 月末水曜日

最近の投稿