プレミアム振袖

  1. 振袖
  2. プレミアム振袖

取扱ブランド

千總

創業1555年 京友禅随一の老舗

川平屋は千總の正規代理店です

日本の京友禅伝統美の象徴といっても過言ではない最高級振袖です。
『千總』は当地区では川平屋だけのお取り扱いです。


染匠 久保耕

揺るぎない独創性 変わることのない美学

意匠の考案、白生地の吟味、染、友禅、金彩加工、刺繍とあらゆる工程を熟練の職人が手仕事で創る贅を尽くした、時を超えて愛され続ける逸品です。


青柳

本物の安心感と満足感

伊調馨選手が着用したことで、益々人気も高まり、技術の高さが知れ渡った、染めの名門『青柳』の最新作です。典雅な吉祥柄と咲き誇る四季の花々、豪華な金駒刺繍が彩られた古典柄の中でも最高級な逸品です。


滝泰

十日町の名門「滝泰」謹製の逸品です。

意匠と染め色の斬新さが、重厚な印象で着姿を美しく奏でます。
究極のお色目と大胆に配された流れるような柄付けは、滝泰の感性を存分に表現しています。


桐屋

幻の染めに魅せられて

室町時代から桃山時代にかけて現れた染めの技法『辻が花』今では幻の技法と呼ばれております。
絞りと友禅が繊細巧緻に調和した、晴れやかな日を彩るのにふさわしい格調高い振袖です。分に表現しています。


吉澤友禅

伝統文化を脈々と継承している本手加工振袖

吉澤友禅の中でも、重厚な古典柄の文様、微細な金駒刺繍、美しく鮮やかな色彩。
職人が贅を尽くした優美さと豪華さを併せ持つ特別な一枚です。

日本品質は、いまや高品質の代名詞国産の繭は最高級の絹糸ですが、和装需要の減退、生糸・絹製品の輸入等により大変、希少価値の高い物です。日本きものシステムでは、日本の繭を見つめ直し着物文化を普及発展させるためのプロジェクトに本格的に取り組んでおります。

熟練の職人が妥協を許さず、時間をかけて、精根込めながら伝統の技術で織り上げた最高品質の生地は、煌くような上品な光沢と柔らかくきめの細かい風合いが着用時のぬくもりと、そのしなやかさに驚愕します。

極小で繊細な文様表現に卓越した技術を持つ伝統工芸士の監修のもとに、様々な技法を駆使し、美しく輝く色や模様を染め上げてできる一枚はどんな時にも幸多かれと願う両親の想いを汲んだ心まで響く振袖になります。