飛行機柄の着物で飛行機に乗る専務 go to 沖縄

朝夕はひんやり、でも日中は汗ばむ感じ、そんな毎日ですが。毎年「秋」ってこんな感じだったのかな…って思っている今日この頃です。
川平屋では「秋の川裳会」も無事終わり、多くのお客様のご来店、誠にありがとうございました。

さてさて…私と社長は「まだ終わらない夏」を求め、来週沖縄に、今シーズン最後のダイビングに行ってきます。
そもそも、私がダイビングを始めたきっかけは、主人である社長の勧めで、何をかくそう…社長は大学時代ダイビング部で、バリバリのダイバーだったんです!!
そこで問題です。社長の大学時代、ダイビング部でケラマ諸島に合宿に行った時の写真、社長はどこにいるでしょうか?
002
答えは…下段の左から3人目。中央に座っている人。もしかして…腹筋割れてる?
今では想像もつきませんが、私が出会った頃の社長はこうだったんです!!「騙された!」なんて思ってません。あの頃のダイビング仲間、みんな同じ体型です(笑)

さて、売出しが終わり忙しい時期、3日間も休んでいる場合ではない!! 月曜日は昼まで仕事して午後の飛行機、火曜日に2ダイブして、水曜日の朝の飛行機で帰る最短の予定ですが、川平屋から直行でセントレア、着物のままで飛行機に乗り、帰りはホテル出発から着物着てそのまま川平屋に出勤なら少しでも長く仕事が出来ると思い、着物で沖縄にいく事にしました。

実は…以前から思っていたこと「飛行機の柄の着物で飛行機に乗る計画」です。3年ほど前に作った「伊勢崎銘仙」の飛行機の柄の着物、実はなかなか着る機会に恵まれず3年が過ぎました。001
2年前、ユーミンのコンサートに出かけ、その時まさに宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」が大ヒットの年、「ひこうき雲」の年だったので、コンサートにその着物を着ていきましたが、飛行機に乗るのは今回が初めてです。003
ダイビングも楽しみですが、この飛行機の着物が着られることでさらにワクワク。着物の楽しみって、こんな事なのでしょうね。
皆様にもぜひ「着物着てこんなに楽しかった」という事があったらお聞かせいただきたいです。

では、気を付けていってきます。
台風、来ないで‐‐‐‐‐‐‐!!!!!