一目見て欲しい幻の染め「辻が花」振袖

こんにちは!川平屋豊田店です。

今回は、川平屋の振袖の中でも特に人気が高い柄である、【辻が花】のご紹介をいたします。

桜や藤、梅などといった四季の花を集合させたかのようなこの柄を「辻が花」といいます。
正確な資料が少なく、はっきりしない部分も多いですが、室町時代あたりから発祥したようです。
最初は庶民や武家に馴染みのある柄として現れ、だんだんと技術的にも発展していくのですが、江戸時代あたりで突如として記録が途絶えてしまいます。
そのため「幻の染」と評されることもある辻が花ですが、時を越えて現代に蘇りました。

辻が花は、春夏秋冬の花が入り混じる、決して枯れない花という縁起のいい柄でもあり、上から下に流れるような図案は着姿を美しく飾ってくれます。

日本古くからある柄でもあるので、数年の内に成人を迎えるお嬢様はもちろん、さらにそのお子さんの世代でも問題なく着ることが出来る逸品です。
いつの世代でも人気があり、一目ぼれされる方も多いですが、職人が手作業で作る分、数に限りもあります。
「辻が花」を見てみたい!興味がある!という方はぜひ川平屋までお越しください!

↓振袖来店予約はこちらから↓

来店予約


↓お問合せはこちらから↓

お問い合わせ

〒471-0023
川平屋豊田店(和ギャラリー川平屋)
愛知県豊田市挙母町1-43【専用駐車場15台分完備】
TEL (0565)32-0201
E-mail:wagallery@kawahiraya.com
HP:http://www.kawahiraya.co.jp/
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日・月末水曜日

最近の投稿